ホームヘルパー2級 仕事内容


ホームヘルパー2級の仕事についたきっかけ

ホームヘルパー2級の仕事内容1

私は2012年の年末にホームヘルパー2級の資格を取得しました!
2013年の4月を過ぎると取得できないとの事だったので急いで取得しに行きました。

 

今まではずっとグラフィックデザインやWEBデザインなどのクリエーター系の仕事をしていましたが、若い内に別の職種に就いてみたいと思い、思い切って退職して資格を取りに行きました。

 

資格を取る前に、事前調査として求人状況を確認していたのですが、介護の仕事は本当に困る事が無いほどいっぱいあって、特にホームヘルパー2級の資格を持っているだけで優遇というところがそれこそ100件ほど。
こちらから選べるほど介護職は利用者が増え、介護士が少ないんだなぁ〜と実感しました。

 

 

近所で資格を取得できるホームヘルパー2級講座


ホームヘルパー2級の仕事内容は多岐に渡っています

ホームヘルパー2級の仕事内容と一口に言っても、いろいろな働き口があり、その職場で作業する内容も多岐に渡っています。
ホームヘルパー2級を持っていると、グループホーム、デイサービス、訪問介護、病院、リハビリセンターなどで働く事ができます。
具体的な内容は、身体障害者、特定疾患者、65歳以上の高齢者の方の入浴介助、食事介助、歩行介助、オムツ交換などですね。

 

私は病院の療養科を受けました。脳梗塞などで片麻痺などになってしまった高齢者などを介助しています。

ホームヘルパー2級の仕事内容3

 

病院ではデイサービスやグループホームなどのコミュニケーションが少なく、体力が居る作業内容が多いので、男性向けだなと個人的には思います。
どちらかというと、淡々と業務をこなしていく感じに近く、特に認知症の方が大勢いらっしゃるので、大きい赤ちゃんを介助している感じに近いものがあります。

 

朝と夕にオムツ交換を行います。少し匂いがきつい場合があるので、マスクをして手袋をします。
昼はお風呂介助のあとに食事介助になります。
食事介助やお風呂介助は寝たきりで無い人はできるだけやれる事は自力でしてもらって、できないところだけを介助するという形になります。
寝たきりの人の場合、お風呂介助はハーバード浴と呼ばれる機械浴で寝たまま行います。

 

今までクライアントが見えない場所で仕事をしていたので、少し認知症が入った高齢者でも、ちゃんと感謝されていると、すごく仕事のしがいがあります。
この職種を3年は続けて介護福祉士の資格を取得しようと思っています♪

ホームヘルパー2級の資格を取るなら急いでください!

ホームヘルパー2級の仕事内容3

2013年4月以降はホームヘルパー2級の資格は制度が変わってしまうそうです。
私が受けたときは、講習を受講するだけで済んだのですが、これからは筆記試験があって、基準点をクリアーできないと資格を取得できなくなるそうです。
ホームヘルパー2級の資格取得を検討しているならば、早めに決定したほうが良いと思います。
そして今のうちに取っておくことを本当にお勧めしますよ!

 

 

近所で資格を取得できるホームヘルパー2級講座