ホームヘルパー2級│介護系の資格について


介護系の資格について

介護系の主な資格についてご紹介いたします。

 

まず、介護職初心者は「介護職員初任者研修」という資格の取得を目指しましょう。

 

この資格は、従来「ホームヘルパー2級」と呼ばれていたもので、平成24年4月より名称とカリキュラムが変更されました。

 

既にホームヘルパー2級の資格を取得されている方は、同等資格として認められておりますので、ご安心ください。

 

ホームヘルパー2級のスクールでは体を使い実際に介助の仕方、また実習として利用者の自宅に行き訪問介護もすることがあります。

 

ホームヘルパーになり困らないようきめ細かに教えてもらえるのも実習ならではではないでしょうか。

 

介護系の資格全般に言えることですが、カリキュラム等の改訂により、これまで以上に介護職を専門性の高い職種としていくことと、段階的に技術を磨き知識を定着していくことが可能となります。

「介護福祉士」を目指す人も多い

介護職での実務経験を3年程度積むと「介護福祉士」を目指す方が多いです。

 

こちらの資格は、平成27年から実務経験3年以上に合わせ、450時間の実務者研修が必要となります。

 

 

カリキュラム等の改訂によって、働きながら資格取得を目指すことはこれまで以上に負担がかかることは否めませんが、従来介護職員が現場で行うことが出来なかった喀痰吸引等の医療ケア(別枠で50時間の演習が必要)も行えるようになるというメリットがあります。

 

「介護福祉士」は国家資格ですので、取得することにより会社から資格手当が支給されたり、転職の際に有利になったりすることがあります。介護職としてキャリアを磨いていきたいとお考えの方は、ぜひ「介護福祉士」を目指してみましょう。