ホームヘルパー2級│仕事内容


ホームヘルパーの仕事内容は

ホームヘルパーとは介護が必要な、お年寄りになって日常生活が不自由なった人、または障害を持っていて他人の手を借りないと暮らせない人などのお手伝いをするのが仕事です。

 

お手伝いをする人のことを介護の世界では利用者さんと呼びます、ホームヘルパーは利用者さんのお家に出かけて行き、身体へのサービス、家事全般のサービスをやっています。

ホームヘルパー2級│仕事内容

 

身体へのサービスとは、利用者さんの身体に関する仕事内容のことを言いますが、たとえば寝たきりの利用者さんなら常にオシメをしているので、定期的にオシメを変える必要があるのです。

 

オシメを変える際に衣服を変えることもあります、毎日お風呂に入ることが出来ないので、身体の清拭もします、食事を利用者さんの口に運んで食べさせる行為も含まれます。

 

こういった生活に必要な身体に関するサービスを身体介助と呼びます。

 

そしてもう一つの家事全般をするサービスがあって、これは利用者さんが出来ない家事を代わってやることです。

 

利用者さんの自宅の掃除や洗濯、買い物、食事の用意、家でやる主な仕事を代行して手助けするのが生活介助のサービスと言います。

 

 

正式な仕事としてプログラムされているのが、これらの仕事ですが、これ以外にも大切な仕事がホームヘルパーにはあります。

 

それは、常に不安な気持ちを抱えた利用者さんの相談相手になることです。

 

話を聞いてあげるとか、ちょっとした助言をすることで、安心感が得られるものです、限られた時間の中で、気がついたときに声かけをして気持ちを高揚させるよう持っていく、これもホームヘルパーの大切な仕事の一つです。