ホームヘルパー2級仕事|身体介護の心得とは


身体介護の心得とは

 

日本では少子高齢化の社会となり、将来的に高齢者の増加傾向があります。それに伴いホームヘルパーの方はもちろんですが、そうでない方も自分の父親や母親などを介護するケースも、実際に数多くあると言われています。

 

高齢者の「身体介護の心得」とは、テレビで何回も紹介されているのでご存知の方もいるかもしれませんが、主に日常生活のサポートが中心となります。主に挙げられるのは、食事の世話や入浴の補助・相手の心身の状況の確認、などがあります。

 

人というのは年を重ねていくと段々出来ることが少なくなっていき、最終的には誰かのサポートがないと生活が困難になってしまうケースも報告されています。

 

その様な方の生活の支援こそが「身体介護の心得」と呼べるものなのかもしれません。なお上記でホームヘルパーという単語が出ましたので、今後の記事でこの方に関する記事をいくつか紹介していきます。

 

ヘルパーでない方が介護するとなると、やはり自分の両親や身内の介護をするケースが圧倒的に多くなります。

 

私自身も含めてですが、最終的には誰もが年を取っていき高齢者になっていきます。

 

相手も気持ちになり、自分の体が自由に動くうちに健康管理には十分に気をつけていく。

 

利用者さんができることはじぶんで行ってもらい手助けする。

 

相手への負担を少しでも軽くする位の気持ちが重要です。