ホームヘルパー2級 | トラブルについて


ホームヘルパートラブルについて

最近ニュースで様々な事件の報道がされています。

 

どの世界でもトラブルはつきものですが、今回はホームヘルパーのトラブルについて考えていきます。

 

まず1つ目のトラブルは介護時間にあります。これはどういうことといいますと、通常ヘルパーの生活支援サービスは1時間30分(90分)であるケースが多く、あまり長時間のサポートを行えないのが現状です。

 

この背景にある理由としては、介護保険制度の改正によってこれ以上の報酬が設定されなくことがあります。現実的な話をすると、仕事をしている以上無償でサービスをしますというケースはほとんどありません。

 

 

ですので、これ以上の時間をサポートしてほしい利用者は、複数の会社を利用するなどの工夫を取る必要があります。

時間が足りない現実

2つ目の問題として、仕事内容の範囲についてです。ホームヘルパーはメイドや家政婦とは違い、あくまでも生活援助・支援が前提なので、利用者のして欲しいことを100%行ってくれるとは限りません。

 

代表的な例として、料理の味付けについて・掃除の丁寧さなどがあげられます。

 

利用者側もその辺りは割り切ってサービスをお願いする必要があるのかもしれません。

 

 本当はまだまだたくさんあるのですが、今回はこの2点の紹介という形にします。

 

これからも高齢者が増加されるので、非常に残念ですが法律を変えない限り、これからもトラブルは増加していくものだと考えています。

 

しかし法律が変わるのを首長くまってはいられません。先輩等のアドバイス、またホームヘルパーの管理者に相談してトラブルにあったらすぐ報告して解決しましょう。